亀田縞 縞模様 ショルダーバッグS
Report

亀田縞 縞模様 ショルダーバッグS

¥ 9,900

*Tax included.

*550JPY will be added per order as a shipping fee.

およそ300年以上の歴史がある織物、「越後の亀田縞」。かつて亀田郷の農民たちが、水と泥に強い綿織り物を求めて自作していた布地が亀田縞の始まりと言われています。明治末期から大正初期頃になると、実に600以上もの業者によって亀田縞が生産されており、それは新潟のみならず東北や先人の知恵の詰まった織物であった亀田縞が姿を消してからおよそ半世紀。新潟の中営機業(有)が亀田縞の復元に取り掛かりました。タテ糸やヨコ糸の組み込み方は、先人の技術が詰まった高難度のもの。織物企業の熱意により、とうとう再現を果たし、亀田縞は息を吹き返します。
300年以上の歴史という背景があり、当時もワークウェアともいうべき布地は、日本人のスピリットを感じます。
もともと作業用に作られた背景があり、丈夫で軽く、汚れに強いのが最大の特徴でもある亀田縞。もちろんお洗濯も可能です。洗うとしなやかになるのも特徴。使うほどに味わい深くなります。薄マチで柔らかい素材感なので、中に入れる物の形に合わせて変化してくれます。ショルダー部分は、金具を使わず、結び目を作ってお好みの長さに調整できるタイプ。シンプルでも自分サイズに調整が可能な構造です。
入り口にボタンの留め具が。大げさではないですが、ちょっとした荷物の飛び出し防止には嬉しい仕美しい直線は、末永い幸せと繁栄がいつまでも続くように との願いを象徴したものだそう。かつて多くの先人が着用していたストーリーある素材を、TOOLSらしい現代の道具-ショルダーバッグ-としてリプロダクトした提案です様です。

stock number:SOT724H
size:H38.5/W41
material cotton
MADE IN JAPAN