coal bag XS

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料540円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

帆布生地の生産が盛んな岡山県の倉敷。そこで織られた倉敷帆布に、チェスナット(栗)やミモザから抽出された渋(タンニン)を使って染めあげられた生地のことをタンニン帆布といいます。 ミモザなどの植物から取れるタンニンは、ケミカルを用いないで生産される革の総称であるフルベジタブルタンニンレザーを生産する際、その工程で使うかかせない材料としても知られています。使っていくと最初は張りのある生地も柔らかくなり、表面に通称チョークマークと言われている独特のアタリが出てくるのも魅力です。

染料を馴染ませるために洗い加工を施しています。

coal bagとは、石炭を運ぶ袋バッグ という意味のもの。
以前、石炭が産業としてアメリカで開花していた当時は、厚手のキャンバス地に同素材のハンドルといったシンプルで頑丈なバッグを石炭の運搬に用いていました。
TOOLSで再現したcoal bagは、まさに日常のあらゆるものを持ち運べるように頑丈さに、タンニン帆布の味のある質感をプラス。 植物由来の素朴なアースカラーをかっこよく使うことができます。

頑丈なので車の荷台に積んで、荷物用にしても重宝します。

stock number:49T192H
size:H22.5/W33/D15.5
material:cotton
MADE IN JAPAN